目的別:集中豪雨対策

集中豪雨による都市型水害
年々増え続ける局地的集中豪雨により、都市型水害が多く発生しています。
浸水リスクが増大し、道路冠水の発生や下水道施設への影響が出ています。

マンホール内圧の上昇によるふたの浮上・飛散防止対策には「ふた浮上防止マンホール」を、道路冠水対策には「ライン導水ブロックを使用した 路面冠水抑制システム」「越流抑制型グレーチング」を提案し、人や車両の安全性を確保します。
ふた浮上・飛散防止型MH斜壁の写真
ふた浮上防止マンホールNew!
ふた受枠固定用インサート引抜き強度を大幅に向上させたマンホール斜壁です。
インサートの引抜き強度が106kN以上なので、圧力開放耐楊圧ふたを安全に使用できます。

都市部での路面冠水の影響の写真
路面冠水抑制システム [都市部]New!
「ライン導水ブロックの高い集水機能」と「浸透ます」「浸透管」を組み合わせ、効率的に路面冠水を抑制できます。  

生活道路での路面冠水が与える影響の写真
路面冠水抑制システム [生活道路]New!
D.D.BOXを使用した「狭い道路での無電柱化」と同時に、生活道路での路面冠水対策が可能となります。 

ウォーターウルフの写真
ウォーターウルフ (越流抑制型グレーチング)
越流の問題を解消し、集水能力を飛躍的に向上させる「越流抑制型グレーチング」です。

ウォーターリーフの写真
ウォーターリーフ (落葉対策型グレーチング)
落葉の堆積により起こる越流の問題を解消する、落葉対策型グレーチングです。