ラウンドアバウト整備

環状交差点(ラウンドアバウト)とは、 環道を車両が優先的に通行する円形の交差点であり、 信号や一時停止等による交通制御を受けないため、 スムーズな平面交差が期待できます。


* 国土交通省資料より抜粋
  • 交差点中央に「中央島」を設けた円形交差点の一種
  • 車両は「中央島」に沿って「環道」を時計回りの一方向に通行
  • 「環道」を通行する車両に優先権がある
  • 環道交通流は「信号」や「一時停止」などによる制御を受けない
  • 欧米を中心に多くの国で導入され交通事故が減少
  • 日本でも平成26年9月1日より施行された改正道路交通法により運用を開始
環状交差点の交通方法が定められ、平成26年9月1日に施行されました。
ラウンドアバウトの適用箇所
■交通制御が難しい「変形交差点」や「多岐交差点」
■交通・沿道等の状況が変化する境界部(市街地-郊外の境界、規制速度の変化点など)
ラウンドアバウトの長所
①安全性の向上
…速度抑制による効果
…従来交差点に比べ車両交錯ポイントを削減

①安全性の向上
…信号制御がなく交差点での停止による滞留を解消
…多岐交差点の交通制御が可能

①安全性の向上
…信号などの安全施設費用を削減
…安全施設の維持管理が不要となりライフサイクルコストを削減

①安全性の向上
…滞留がなくなるためアイドリング時間が減少
…環境負荷(排ガス等)の抑制が可能

①安全性の向上
…災害時や停電時による影響を受けず、交差点機能の維持が可能

↑ページの先頭へ戻る

ラウンドアバウトに潜む課題
■「中央島」を中心に放射状の片勾配となるため路面排水処理が複雑になる。
■自転車・歩行者の通行量が増えると交通機能が低下する。
■従来の交差点で右折車線がない道路を改良する場合は用地面積が増大する。

↑ページの先頭へ戻る

ライン導水ブロックは
「ラウンドアバウト」で採用されています!
ライン導水ブロックの
「ラウンドアバウト」への活用効果
ライン導水ブロックは、L型街渠の代替構造物として 歩車道境界ブロックと基礎コンクリートを一体化し、水路と集水スリットを設けた構造とすることで、 エプロンをなくすことができます!
高い集水能力
連続的に配置される集水スリットにより、
路面の雨水を速やかに集水します!

コンパクトな構造
街渠部をなくした構造となるため、
路面が平坦となり、自転車がスムーズに通行できます!

曲線にも対応
曲率15mまで対応可能です!
(15m未満は製品加工により対応が可能)

ライン導水ブロックについて詳しくはこちら

↑ページの先頭へ戻る