製品紹介 副管保護ブロック

外副管の施工方法

副管保護ブロック

副管保護ブロック写真

可とう性継手(ブーツ)に対応した基礎ブロックです。
外副管の施工性の向上、および可とう性の確保ができます。
特許取得済

  • 施工性が大幅向上、工期短縮
  • 水締めにより副管周りの締固めが容易
  • 砂の使用量は最小限

構造

外副管を取り囲むように底板ブロックに嵩上げブロックを積み上げ、内部に砂を充填します。
ブロックはポーラスコンクリート製ですので、砂の締固めを水締めで行えます。
簡単・確実に施工でき、工期の短縮および可とう性が確保できます。
副管保護ブロック

可とう性の確保

可とう性継手を併用することで、管の取付部を保護すると同時に可とう性を確保できます。

保護コンクリート打設の場合
保護コンクリート打設の場合

外副管の施工では、保護コンクリートを巻きたてるケースが多いですが、可とう性は確保できません。

副管保護ブロックを使用の場合
副管保護ブロックを使用の場合

施工性の向上

防護コンクリートの場合、型枠組立・コンクリート打設・養生・脱型などの工程が必要ですが、ブロックを積み上げ、砂を充填するだけの施工なので、施工性が大幅に向上、工期の短縮が図れます。
また、従来困難であった副管周りの締固めが、水締めにより容易に行えます。

副管保護ブロックを使用しない場合

本管および副管の可とう性を確保するためには、砂による埋め戻しをおこなう必要があります。副管保護ブロックを使用しない場合、砂による埋め戻しを限定的におこなうことができず、マンホール全体を砂で埋め戻す必要があります。
このことは、転圧不足を招き、地震時に液状化現象を引き起こす原因となると考えられます。

副管保護ブロックを使用した場合

砂の使用を最小限にすることができます。

副管保護ブロックを使用した場合

製品ラインナップ

副管保護ブロックには、底板ブロック(ブロックA)と嵩上げブロック(ブロックB)があります。
底板ブロックには、1号マンホール用とオーバルマンホール用があります。

底板ブロック

底板ブロック

嵩上げブロック

嵩上げブロック※1号用・オーバル用があります。

関連製品・技術

バイコンマンホールバイコンマンホールは、40年以上の経験と実績に裏打ちされた組立マンホールのパイオニアです。
抗菌マンホールコンクリート用抗菌剤・ゼオマイティを添加することで、硫黄酸化細菌(チオバチルス菌)の繁殖を抑え、マンホールの腐食を抑制。下水道施設の長寿命化に貢献します。
エコマンホール下水道汚泥を焼却する際に発生する焼却灰を対セメント比で8%以上添加したマンホール。資源循環型社会の構築に貢献しています。

お問い合わせ・資料請求