製品紹介 ライン導水ブロック-G型

排水性舗装用導水ブロック

ライン導水ブロック-G型

ライン導水ブロック-G型写真

ドレーンパイプに代わる排水機能付きエプロンブロックです。

  • 目詰まりしにくい
  • 排水孔メンテナンスも可能
  • 桝設置間隔を大きくとれる

構造

  • 排水性舗装内部を流れる雨水をポーラスコンクリートの透水機能および集水孔・導水孔で集水します。
  • 集めた雨水はブロック内に設けられた排水孔で流すため、目詰まりの心配もなくなります。
  • 排水孔のメンテナンスも可能です。
  • ドレーンパイプに比較して排水孔径が大きく、流量が多いため、桝設置間隔が大きくとれます。

特徴とメリット

ドレーンパイプの欠点

舗装に埋設されるドレーンパイプは、経年による詰まりや荷重・熱による変形が発生する場合があります。また、清掃などメンテナンスも困難です。

レーンパイプの欠点イメージ01
レーンパイプの欠点イメージ02

ライン導水ブロック-G型の利点

ライン導水ブロック-G型は従来のドレーンパイプに代わる排水性舗装用側溝です。
路肩エプロン部分に設置することにより、表面水および排水性舗装内を流れる雨水を集水し、製品内部の排水溝で排水します。

ライン導水ブロック-G型の利点イメージ01
ライン導水ブロック-G型の利点イメージ02

製品ラインナップ

Φ100㎜:歩道用・車道用、専用桝
Φ150㎜:歩道用・車道用、専用桝

安全

D φ100(L=1000mm) φ150(L=1000mm)
B 295 295
H1 200 274
H21 206 280
ライン導水ブロック-G型寸法表

施工手順

  1. 基礎材を施工する。
  2. 敷モルタルをレベルに敷き均す。
  3. 専用吊り具を使用し、側溝本体を吊り込む。
  4. バール等により製品を引き寄せ、通り・高さを合わせて据付ける。
  5. ポーラス表面、集水孔を養生テープ等で養生し、埋め戻し材の流入を防ぐ。
  6. 製品目地をモルタルで仕上げる。

関連製品・技術

ライン導水ブロック-F型L型街渠の代替構造物として開発された歩車道境界ブロックです。道路空間の再配分に役立ちます。

関連コラム

お問い合わせ・資料請求