製品紹介 ライン導水ブロック-V型

エプロン幅の狭い小型水路ブロック

ライン導水ブロック-V型

ライン導水ブロック-V型写真

安全で快適な道路空間を創出するコンパクトな小型水路ブロックです。
道路空間の再配分に役立ちます。
特許出願中

  • 路肩走行の安全性向上
  • 水溜り解消&水ハネ抑制
  • コンパクトで高い施工性

構造

L型街渠の代替構造物として、
本体の集水スリットで表面水を、排水性舗装内の雨水は側面の水抜き孔で集水する構造とすることで

“エプロンを狭くする”ことができます!

ライン導水ブロック-V型 構造 従来構造
ライン導水ブロック-V型 構造 ライン導水ブロック-V型

特徴とメリット

自転車路肩走行時の安全性向上

(エプロンが狭くなることで)段差や溝を解消し、平坦性を確保します!

自転車走行空間を拡大し、安全な走行を実現!

自転車走行空間を拡大し、安全な走行を実現!従来構造
自転車走行空間を拡大し、安全な走行を実現!ライン導水ブロックV型

平坦性の確保、段差・溝の解消

  • 横断勾配折れがなくなり、平坦性を確保できます。
  • 通行の妨げとなる段差や溝を解消します。
平坦性の確保、段差・溝の解消 従来構造
平坦性の確保、段差・溝の解消 ライン導水ブロックV型

独立スリット形状により自転車タイヤがはまり込みにくい

  • 細かいピッチの独立したスリット形状により、乗入部に斜め進入する自転車のタイヤがはまり込みにくい!

細かいピッチの独立したスリット形状

水溜り解消&水ハネ抑制

バリアである水溜りが解消され、快適に通行できます!

通常舗装の場合
排水性舗装の場合

歩行者への水ハネ抑制!

水溜りがなくなることで、水ハネを抑制します。

従来構造
ライン導水ブロックV型300

製品断面がコンパクトなため施工性が向上します!

交通規制範囲の縮小

交通規制範囲を縮小し、現道交通への影響(渋滞、事故の可能性)を低減します。

交通規制範囲の縮小 従来構造
交通規制範囲の縮小 ライン導水ブロックV型

地下埋設物との干渉リスク低減

製品断面がコンパクトなので、ガードレール基礎や電線共同溝などの地下埋設物との干渉リスクを低減できます。

ガードレールとの干渉リスクを低減
電線共同溝などの地下埋設物との干渉リスクを低減

さまざまな自治体の歩車道境界ブロックを使用可能

汎用品の歩車道境界ブロックが使用可能なため、沿道環境の変化に柔軟に対応できます。

さまざまな自治体の歩車道境界ブロックが使える

さまざまな自治体の歩車道境界ブロックが使える

さまざまな自治体の歩車道境界ブロックが使える

施工事例

製品ラインナップ

本体

φ150 L=1000㎜

※歩車道境界ブロックについては、地域に応じた仕様をご検討ください。

ライン導水ブロックV型 T-25対応
ライン導水ブロックV型 本体

桝部

※深埋設型もございます。

ライン導水ブロックV型 桝(標準部) T-25対応
ライン導水ブロックV型 桝(車両乗入部) T-25対応

施工手順

  1. 基礎材を施工する。
  2. 敷モルタルをレベルに敷き均す。
  3. 専用吊り具を使用し、側溝本体を吊り込む。
  4. バール等により製品を引き寄せ、通り・高さを合わせて据付ける。
  5. 側溝上にモルタルを敷き均し、歩車道境界ブロックを据付ける。
  6. 歩車道境界ブロック目地をモルタルで仕上げる。

関連製品・技術

ライン導水ブロック-V型 300安全で快適な道路空間を創出するコンパクトな管渠型側溝です。
ライン導水ブロック-F型L型街渠の代替構造物として開発された歩車道境界ブロックです。道路空間の再配分に役立ちます。

お問い合わせ

資料請求

見積ご依頼