製品紹介 スナップエッジ

曲線加工が可能な舗装止め材

スナップエッジ

スナップエッジ写真

特殊構造により、舗装端部の曲線仕上げが自由自在。
コンクリート平板やレンガ等の舗装の端部の保持が簡単にできるようになりました。
★高さは2種類★ 【標準タイプ】50mm 【ロータイプ】35mm

  • 1パーツで直線/曲線対応可能
  • ジョイント簡単、施工が早い
  • フレキシブルに曲げられる

構造

スナップエッジの構造

スナップエッジの構造イメージ01
スナップエッジの構造イメージ02

スナップエッジ[ロータイプ]の構造

スナップエッジ[ロータイプ]の構造イメージ01
スナップエッジ[ロータイプ]の構造イメージ02

特徴とメリット

フレキシブルに曲げることができます

フレキシブルに
曲げることができます
1パーツで、直線、曲線のエッジが作れます。

ジョイントが簡単長さ調整も可能です

ジョイントが簡単
長さ調整も可能です
簡単にジョイントでき、取り付け時間を短縮します。

サポートはハサミで簡単に切れます

サポートはハサミで
簡単に切れます
独特の切断・屈曲構造が曲線部分の取り付け時間を短縮します。

こんな形もつくれます!

曲線

曲線

コーナー

コーナー

円

動画で見るスナップエッジ

用途例

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ

イメージ
イメージ

製品ラインナップ

  スナップエッジ スナップエッジ[ロータイプ]
主な用途 コンクリート平板・インター
ロッキングブロック等の見切り
土舗装・芝生等の見切り
材質 高密度ポリエチレン
形状寸法(mm) (幅) 75×(長さ) 2020×(高さ) 50 (幅) 75×(長さ) 2020×(高さ) 35
重量(kg/本) 0.7 0.6
付属品 専用釘5本
使用上の注意 加熱アスファルトなど、高温となる材料の見切り材としては使用しないでください。
サポートを切断するときは適切な道具を用い、けがにご注意ください。

施工手順

配置します

1.配置しますスナップエッジを配置します。

形をつくります

2.形をつくりますサポートを万能バサミで切り離し、自由に曲線を出します。
(サポートは簡単に切れます。)

釘で固定します

3.釘で固定します転圧した路盤の上にスナップエッジを置き、釘を打ち込んでください。

釘の間隔

※釘の間隔遊歩道には60cmごと、車寄せや園路の車道には30cmごとに釘を打ち込んで固定します。
(コーナーや曲線の場合は各穴に釘を打ち込んで確実に固定して下さい)

ジョイント方法

※ジョイント方法端部の凹凸を組み合わせることで、簡単にジョイントできます。(釘で固定してください。)

関連製品・技術

アルミエッジアスファルト舗装対応のアルミ製見切り材。曲線施工もOK!

関連資料ダウンロード

お問い合わせ・資料請求