ロジングリップ(マンホール鉄蓋熱溶着式スリップ防止シート)

松ヤニ等の天然素材をバインダーの主成分とした環境にやさしいスリップ防止シート
マンホール鉄蓋やグレーチングの滑りを防止し、雨天時のヒヤリを解消します。

ロジングリップ
お問い合せ・資料請求・見積依頼
ネットですぐ注文!
ITOストア"で販売中!
ロジングリップ 黒 ¥7,776–/枚
ロジングリップ購入ページへ…

構造

ロジングリップは、松ヤニ等をバインダーの主成分としたシート内にガラスビーズを埋め込み滑りスリップ防止効果を高めています。

雨や雪でぬれたマンホール蓋は大変危険です。

↑ページの先頭へ戻る

特徴
○スリップ防止効果
シート内にガラスビーズが埋め込まれ、マンホール鉄蓋表面に熱溶着させることによって周辺舗装と同程度のすべり抵抗性が与えられます。
滑りや転倒事故に対して、一番危ないのは滑り抵抗値に差がある物が点在している状態です。
振り子式滑り抵抗試験

一般に道路面の滑りやすさを測定する方法として「振り子式滑り抵抗試験」があり、BPNという数値で表されます。 数値が大きくなるほど滑りにくい状態です。

振り子式滑り抵抗試験
○環境にやさしい!
バインダーの主成分は松ヤニ等の天然素材です。有害物質は一切含まれていません。
○施工が簡単!
約50分で施工が完了します。
○仕様
色:黒
形状寸法(㎜):500×1100

↑ページの先頭へ戻る

施工例
カーブ
水溜りの解消:施工前
坂道
歩道の安全対策1
歩道
歩道整備1

↑ページの先頭へ戻る

施工手順
①マンホール鉄蓋を加熱 ②シートを置く ③シートを加熱 ④冷却すれば完了
※120℃~150℃まで加熱してください。加熱が不十分な場合、シートが剥離しやすくなります。     冷却すれば完了です。

ロジングリップの施工方法を動画でご覧いただけます。

↑ページの先頭へ戻る

路面のバリアフリーの画期的な対策としてロジングリップが紹介されています。

2003年11月朝日新聞

拡大表示
2003年11月朝日新聞記事

↑ページの先頭へ戻る

NHK関西クローズアップ「転倒死2600人」~街の死角に迫る~ 【抜粋】

死傷者

全国で自宅以外での転倒による死亡者数は、平成14年で2,632人に及びます。(※凍結等の要因での転倒を除く)怪我をした方は数万人にものぼります。

転倒事故の要因

東京工業大学小野英哲名誉教授によると路面が滑りやすい場合も危険であるが、滑りにくい所と滑りやすいところが混在しているとより危険であり、その差がCSR値で0.2以上あると人は転倒しやすい。東京都は条例で、歩行者系の道路において、BPN40以上が望ましい、又、同一平面状にCSR値で0.2以上の差が生じないことが望ましいと定めています。※CSR値もBPN値もそれぞれ滑り抵抗値を表すもので、それぞれに固有の試験機があります。

マンホール

滑りやすいマンホールの鉄蓋は、滑りにくいアスファルト舗装の中に点在し、歩行者、バイク、自転車にとって恐怖の存在となっています。実際に重大事故に遭われた方も大勢います。

転倒事故への考え方

転倒事故に関する考え方も変わってきています。以前は転倒は自己の不注意として片付けられる場合が多かったのですが、近年、管理者の責任が問われる場合が多く、判例でも厳しく責任を問われています。判例の中で、施設管理者は床材を滑りにくくする義務があると厳しく指摘しています。また「防滑市民の会」や転倒事故の被害者が、積極的に自治体や施設管理者に対応を求めています。

「転倒死2600人」サムネイル 拡大表示

転倒事故への考え方が変わってきています。高齢化社会が進んでいく中、施設管理者の早急な対応が求められています。

↑ページの先頭へ戻る

ネットですぐ注文!
ITOストア"で販売中!
ロジングリップ 黒 ¥7,776–/枚
ロジングリップ購入ページへ…

  • 図面ダウンロード
  • 【ロジングリップ
  •  
  • カタログダウンロード
  • 【ロジングリップ】
  • カタログ(pdf:1.1MB)
  • 自転車通行区間整備への適用(pdf:1.1MB)
  • 材料安全シート(pdf:81kb)
  • 施工時の注意点(pdf:81kb)
  • 施工手順書(pdf:653kb)