製品紹介 D.D.BOX Neo

歩道のない道路の無電柱化に 水路付小型ボックス 

D.D.BOX Neo

D.D.BOX Neo写真

D.D.BOX Neoは、側溝機能を備えた小型ボックスです。
上部を側溝、下部を電線類収納スペースとして利用し道路空間を有効活用します。
特許取得済
関連特許出願中

  • (1)側溝整備
  • (2)無電柱化

を同時に実現!

  • 道路空間を有効活用

構造

D.D.BOX NEO構造イメージ01
D.D.BOX NEO 標準サイズ

特徴とメリット

コスト削減
  • 側溝整備と無電柱化を同時に実現。
  • 浅層埋設が可能。
  • 埋設物の調査と移設手間を削減。
施工性
  • 小型ボックスのため配線作業が容易。
  • 側面より電線類を引き出すことが可能。
維持管理
  • 側溝下に電線類を収納することにより、掘削を伴わずに災害時の復旧が可能。
  • 上部を開放して電線類の追加も可能。
汎用性
  • JIS型の汎用ふたを使用できる。
  • オフセットブロックにより道路線形に合わせた設計が可能。

このような場所の無電柱化に役立ちます!

生活道路での適用イメージ

D.D.BOX Neoの適用箇所

幅員が狭い道路に

道路幅員が狭く、地下埋設物が多い生活道路や通学路など、電線管の埋設スペースがない場合に側溝下の空きスペースを有効活用して電線管を敷設します。

幅員が狭い道路に

軒下配線・裏配線(ソフト地中化)の代替として

軒下配線・裏配線とは、伝統的建造物群保存地区などの古い街並みにおいて、電柱を無くし電線類を軒下や裏道へ隠して目立たなくする手法であり、実施費用も安価となります。しかし、沿道建物の所有者の合意形成が必要であり、所有者が変わる可能性が少ないなどの条件の成立が必要となります。
これらの条件が成立しない場合でも、D.D.BOXへの電線収納により、無電柱化が可能となります。

軒下配線・裏配線の代替として イメージ01軒下配線・裏配線の代替として イメージ02

電線共同溝整備における連系設備で

幹線道路と交差する枝道も幅員の狭い道路が多く、連系設備の埋設スペースが限られてきます。
この時に側溝下の空きスペースを有効活用して電線管を敷設します。

電線共同溝整備における連系設備で

宅地開発の無電柱化に

D.D.BOXを使用して無電柱化整備を行うことにより、道路への電線類の埋設をなくすことができます。
他のインフラ埋設物をとの干渉を少なくすることにより、道路空間を有効的に活用します。
また、無電柱化をすることにより、宅地の資産価値が向上します。

製品構成

本体ブロック、水路部材、コンクリートふたで構成されています。

D.D.BOX NEO標準断面図(一般部)
D.D.BOX NEO 製品構成

製品ラインナップ

※価格・詳細につきましては、担当営業まで別途お問い合わせください。

本体ブロック
桝部の詳細
オフセットブロック
オフセットブロックの構成

D.D.BOX 300

D.D.BOX 300
300㎜×300㎜の通水断面を確保できる大容量タイプ。
[製品サイズ] H800㎜×W480㎜
[水路部]   H300㎜×W300㎜
[電線類収納部] H290㎜×W300㎜

施工方法

D.D.BOX NEO_施工方法

関連製品・技術

D.D.BOX PleonD.D.BOX Pleonは、限られた歩道スペースを活用するため歩車道境界下に電線類を配置。
路面集水機能の向上、自転車通行空間の整備、無電柱化を同時に実現します!
S.D.BOXS.D.BOXは道路に残された狭小スペースを活用して無電柱化をおこなう埋設型小型ボックスです。車道・歩道を問わず、特に景観へ配慮が必要な道路に適用可能です。
路面冠水抑制システム(生活道路用)都市部、生活道路における路面冠水対策を効率的に行えるシステムです。

関連資料ダウンロード

お問い合わせ・資料請求