イトーヨーギョーとバイコン製法

▼昭和36年
創業者 初代社長 伊藤剛次がヨーロッパのコンクリート製品事情を視察し、
バイコン製法と出会う。

▼昭和40年
コンクリート製品メーカー50社により「バイコングループ」が結成。

▼昭和42年
バイコンパイプ成型機を導入。

▼昭和51年
「バイコングループ」が発展し、「全国バイコン協会」が発足。
伊藤剛次が会長に就任。
主として旧桜井建材産業株式会社が技術面を、株式会社イトーヨーギョーが
営業面を担当し、普及に努める。

  • バイコン製法による製造1
  • バイコン製法による製造2
  • バイコン製法による製造3
  • バイコン製法による製造4

* VICON®(バイコン)は、
株式会社イトーヨーギョーの登録商標です。

バイコン製法とは?
一般に、コンクリート二次製品は…

コンクリートの材料は、砂と石とセメント、それから水。至って簡単なものです。
ですから、どんな製法で製品を作っても同じようなものだと思われるかも知れませんが、 製法によってできあがる製品の性能に大きな差が生じます。

遠心力製法、流し込み製法、バイコン製法の比較
その性能は…

一般にコンクリートの性能は、硬ければ良いと思われがちですが、違います!
コンクリート二次製品はそれ以外の性能も重要です。

コンクリート二次製品に要求される性能

↑ページの先頭へ戻る

バイコン製法とは?

粒度調整された超硬練コンクリートを振動と圧縮により強固に締め固め、
成形直後に脱型する方法で製造されるコンクリート製品です。
この振動(Vibration)と圧縮(Compression)および超硬練コンクリート(Concrete)の3文字を合成し、VICONと名づけられました。

バイコン製法によるライン導水ブロック製造 作り方

バイコン製法の一例です。
内側の振動機で振動させ、パサパサのコンクリートを流動化させ充填させます。 最後に、上部から加圧板で圧縮力を加え成形。直後に型枠を上下に引抜きます。

作り方イラスト

↑ページの先頭へ戻る

どんなコンクリート?
丈夫で長持ち

バイコン製品は丈夫で長持ちです。
必要最小限の水で緻密に締め固めるバイコン製品は、他製法(流し込み、遠心力、他)による製品に比べて、中性化、凍結融解、薬品、すりへり等に対して優れた抵抗性・耐久性を示します。

耐中性化

コンクリートの中性化とは、コンクリートのアルカリ性が低下していく現象のことで、鉄筋の腐食が起こります。 鉄筋コンクリートの寿命が数十年といわれているのは中性化に原因があります。

中性化によるコンクリートへの被害状況
促進中性化試験

↑ページの先頭へ戻る

耐凍結融解

コンクリートの中の水分が凍結するとその氷圧のために微細なひびわれが起こります。
凍結と融解が繰り返されるとその損傷は激しくなっていきます。
この現象を、コンクリートの凍結融解と言い、寒冷地でのコンクリート製品では深刻な問題となっています。

凍結融解によるバイコン(左)、流し込み(右)製品の被害比較 凍結融解による製品の被害状況
促進凍結融解試験

※全国バイコン協会による

↑ページの先頭へ戻る

耐薬品性

下水道施設などの環境下では、薬品に対する耐久性がコンクリート製品に要求されます。

バイコンと流し込みの耐薬品性比較
下水道環境下にある気相面での腐食量(重量変化)硫酸pH1.4
低環境負荷

コンクリート製造に使用する材料を生産する際、最もCO2を排出するのはセメントです。
バイコン製品は、他製法(流込み、遠心力他)による製品に比べて、使用するセメント量が少ないので、CO2の排出量が少なくなります。パイプ製品などでは、遠心力製法による同クラスの製品に比べて、セメントに係るCO2を30%削減できる場合があります。

コンクリート製造時にCO2が発生するメカニズム 遠心力製法とバイコン製法のセメント使用量、CO2排出量

即時脱型のため、蒸気養生をおこなわないので、実際にはこれ以上のCO2削減効果があります。

↑ページの先頭へ戻る

高強度

コンクリートは、セメントの使用量が同じであれば余分な水がないほうが緻密で高強度になります。バイコン製法では振動と圧縮による締固めをおこない即時脱型するため、使用する水量をセメントの水和や品質確保のための最小限としており、結果的に製品強度が高まります。

水セメント比の変化と強度

水セメント比とは、セメントに対する水の量のこと。一般にセメント使用量が同量であれば、この値が小さいほど高強度となります。

●バイコン製法は、粒度調整された超硬練りのコンクリート材料を振動圧縮で強固に締固め即時脱型します。

●バイコン製品は高強度で耐久性が高く優れた特性を持っています。

●製造時に排出されるCO2は他製法に比べて少なくなります。

●インフラの長寿命化環境負低減に最適な製法・製品です。

↑ページの先頭へ戻る